2019年04月17日

嬉しい言葉

先週に脳梗塞で倒れた母。
退院後は、在宅介護をするつもりです。

けれど、ちびごりらの主治医に話すと、「今のあなたに介護は無理」とバッサリ。
主治医は、訪問診療をやっています。
ご自分でも、ご家族を介護なさっていたこともあります。
だからこそ、介護の大変さがよくわかっているでしょうし、ちびごりらの体調もよく知っています。
それで、出てきた言葉でした。

ただ、母は「ずっと家にいたい」と以前から話していました。
だから、ちびごりらも弟も、最後まで在宅でと考えていました。
まもなく介護が必要になるだろうと感じていましたが、まさかこんなに早いとは💧

急いで覚悟を固めないと。
これからのことは、病院のソーシャルワーカーの肩と相談しながら進めていくことになります。
一つ一つを、母の意志を第一優先にして考えていこうと思います。

主治医はデイサービスやショートステイを利用しながら、やっていくとよいとアドバイスをしてくれました。
そして最後に「わたしはあなたのお医者さんだから、あなたのことが心配なの」と言ってくれました。
嬉しかった。
ちびごりらのことを心配してくれる人がいて、嬉しかった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
にほんブログ村
posted by ちびごりら at 20:17| Comment(0) | 抑うつ状態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする